国民健康保険組合ってなんなの?

国民健康保険を大きく分けますよね。
そうすると3種類に分けられると思います。
市区町村が管理している健康保険があります。
次に同種の業種、事務所に従事している人を組合員として国民健康保険組合があります。
そして、次が既存の国民健康保険組合と言うことになります。
知ってますかね。
しかし、厚生労働省では、1959年以降に新規設立を許可していないと言うことです。
特例として、1970年代にいくつかの組合が許可されています。
新設手続きをしただけでその後は一切ないと言うことです。
同種の業種に勤務しているものだけを対象としています。
職業病、労災などを発見しやすいと言う保険事業上では有利な面もあります。
3つ目の既存の国民健康保険組合の有名な例があります。
これには、医師、薬剤師、歯科医師、建設土木などが独自に組合を持っています。
※その他にも一般の業種として税理士、理容関係、飲食関係、芸能人、芸術関係などがあります。
そして、これら3つが会員となって共同で運営しているのが「国民健康保険団体連合会」です。
それで国民健康保険法に基づき設立された法人と言うことになります。
※各都道府県に1団体ずつある為、全部で47団体です。
連合会では、国民健康保険組合における様々な業務を行います。
貸付業務、 保健事業、 支払業務、 介護保険事業、 高額医療事業、
専業主婦医療保険必要性