住宅ローンにおける財形住宅融資の金利や借入限度額とは?

財形住宅融資は財形貯蓄もしくは財形年金貯蓄、財形住宅貯蓄を1年以上続け、その残高が50万円以上あることが必要となります。
また自治体融資は、都道府県や市区町村が融資条件を独自に定めています。
そのため自分が住んでいる自治体に問い合わせをするのが大切です。
財形住宅融資は、公庫融資や年金融資と比べて、購入住宅の価格制限が広いです。
また住宅ローンの借入限度額も最高で4000万円まで、物件の借入条件も緩やかです。
住宅購入価格の90%を限度としています。
また融資手数料は要りません。
年金融資などの借入れをする場合は、すべての合計額が90%以内であることが必要です。
金利は当初5年間固定金利ですが、5年後に見直しが行われます。
財形転貸融資制度という申込み方法があり、雇用や能力開発機構が勤務先を通じて、そこに勤めている勤労者に対して融資する、勤務先が窓口となる制度です。
また財形直接住宅融資制度は、住宅金融支援機構が窓口となります。
楽天銀行フラット35金利は安い?メリット研究!【おすすめの理由は?】